留学(まじめにお勉強)

今学期(留学)終了

25日をもって今学期終了。

 山のように借りていた本を返却したあと、寮へと
とことこ歩いていた途中、横断歩道で自転車と
車がいきなり衝突。
 自動車が信号無視で横断歩道を渡っていた
のである。

 イギリスでは、自転車は歩道ではなく車道を走る
ので、そういう事故にはならないはずなのだけれども、
歩いていた女友達(彼女?)を追いかけての
行動だったらしい。

 幸いにも、その自転車の男性と車は少し触れた
だけでケガはなかったみたい。
男性は、「Sorry. Sorry about that.」と言い、
笑って手をあげて謝っていた。まあ、妥当。

 これが日本だったら、同じことするかな?
警察呼んで、保険会社に連絡して……という手を
とる人がいるだろうなぁ。

 悪い方が悪いじゃなくて、強いものが悪いという
間違った考え方。物事を筋立ててみればわかる
ことなのに、日本ではこの考え方がどこでも
通用する。狡いもんだね。

 エッセイの提出日。

映画と劇のデザインの役割を比較する、という
テーマ(かなり曖昧 )。

 書くところまでは書いたんだけれども、
それが映画だけで劇については書けなかった。
資料不足というか悪いテーマに当たったというか。

 本を乱読して、なんとか情報は取り入れたけれども
やはり行ってみないと分からないものはたくさんある。
かといって、ロンドンまで行き劇を見るとなると相当の
お金がかかる。留学生にはちょっときつすぎた。

 友達に、「外国人が日本の能について考えてるような
もんじゃない?」と言われた。確かにその通り。
少しでも本場の劇というものを学べただけ、留学の意味が
あって良かったと思う。

 自分の納得いくまでした結果だから、後悔は
していない。
最後までできなかったことに、情けないという声が
上がったときは、正直に受け止めようと思う。

 少しやり残した感があるので、これを糧に
卒論は最上の出来のものを書く姿勢で、
早め早めに取りかかっていこう!

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

積み重ねる一日

すがすがしい朝は数ヶ月ぶり(笑)

 久しぶりに朝7時半に起きました(昼夜逆転の日が
続いていたので、この時間に起きるのは珍しい)。
理由は簡単、9時からMUSEUMのテストがあった
からです。

 試験勉強はやるべきことはやった。
リーズ大学は、過去4-5年間の問題が
ネットで閲覧可能なので、その中から目ぼしい問題を
見つけて、テスト対策をします。
 しかし、対策と言っても、授業内容を思い出しながら、
関連するところだけを読んでまとめただけ。

 テストでは、ノートのような解答用紙に、1時間で
頭の中の知識を抉り出して書き上げました。
さすがにイギリス人の書く量には及ばなかったけれども、
私なりに満足。ふぅー、いっちょテスト終わりー!

 一つずつ一つずつ物事が過ぎていきます。
まるで高密度の重力を持つブラックホールの中に
落ち込む物質や光のように。
そして、見えない未来がどんどん迫ってきている。

 これから先、後悔しない人生を過ごすことも
大事かもしれないけれども、
私は後悔しない一日をずっと積み上げていきたい、
そうふと思った日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

出獄!

 私の好きな作家の山崎豊子さんは、
作品を脱稿すると「出獄!」といって喜ぶそうです。
書斎は「牢獄」。
それほど、小説を書くということは過酷で
自分自身との戦いがずっと続いているのでしょうね。

 長編小説「大地の子」は6年もかけて
書き上げられています。
 多大なる研究や調査があって完成されているため、
私なんかはまだまだ足元にも及ばないでしょうけれども、
今日の心境はまさに「出獄!」でした。

 イースターの休み中から始めたから、約1ヶ月。
昨日やっと計10000字に及ぶエッセイを書き上げ
ました。

 途中で英文が嫌になったり、アイデアが出なかったり
してもがいたこともしばしば。
 でも、その過程で得られたものは大きく、納得いく
エッセイが出来たときはすごく充足感がありました。

 まだ来週にはテスト、再来週にはもう1つの5000字の
エッセイが待っています。すぐに牢獄入り。

でもね、最後だからガンバりますよ。どんとこい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

絵本カーニバル IN FUKUOKA× MUSEUM

 美術館=鑑賞の場

 日本の美術館の立ち位置は、なかなか
変わりません。

 17世紀、ヨーロッパの上流階級の人たちは
個人の趣味で、美術品、骨董品、学術作品などを
コレクションし保管していました。
 当初は、プライベートなものであったため、
少数の見学者だけが中に入ることができたのです。

 18世紀になると、コレクションの数も次第に増加し
保管する場所が充分でなくなったため、
公衆の場へ移し、多くの人々と価値を共有できる
ように一般公開されるようになりました。

 19世紀には”MUSUM”の数は逓増し、
今では、ヨーロッパには数え切れないほどの
博物館、美術館が存在しています。

「教育+文化的、産業、価値、そして創造力を引き出すもの」

 イギリスでは、美術館学習が、
ナショナルカリキュラムに含まれています。

 子供の想像力を伸ばし、発想を豊かにし、
さらには自分で問題を見つけ、解決していく力を
身に付ける。
 美術館で寝転んだっていい、走ったっていい、
座っても、絵をかいても、遊んでもいい。

 研究者の中では、学校の教室ではなく、
美術館で全ての授業をしても良い、という
意見もあるほど、MUSUMは大きな役割を
担っています。

 絵本カーニバル  IN FUKUOKA  2007

 イギリスに来る前にボランティアで、
何度か参加させて頂きました。
 今度は、福岡の全ての美術館で開催される
そうです。

 日本の美術館はどちらかといえば、
大人向き、学識者向きのような感じがします。
 私も福岡市美術館には年に2回行くか
行かないかという程度。

 けれども、この絵本カーニバルが入ることによって、
今までの美術館が、
子供から大人まで多くの人が回遊できる場所、
想像力や発想力などを陶冶する場所、
として新しく機能するかもしれません。

 私も帰国したら、足を運んでみよう
と思います。
 「また行きたい、少し気休めに行こう」
などと美術館のイメージが変わるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もう一つのサグラダ・ファミリア

 世間はゴールデンウィーク最終日。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 と言っても、イギリスにはもちろん
ゴールデンウィークなんてありません。
残念なことに祝日の数は日本よりも少ないのです。
そのため、今もエッセイの日々。

 講演会での外尾悦郎さんの話によると、
スペインのバルセロナでは、地元の人々に
終わりの見えない仕事のことを
「サグラダ・ファミリア」と言われるそうです。

 言うまでもありませんが、これは聖家族教会が
100年経った今でも終わりが見えることなく、
建築中であることから皮肉を交えて語られているもの
なのです。

 今の私の状況はまさにそのサグラダ・ファミリア。
エッセイ提出まであと3日を控え、
終わりが見えないとは、大丈夫なのでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語の脳

 今やってるエッセイを日本語で書けたら
どんなに楽だろう?
 外国語を習得するっていうのは大変だね。

 「国家の品格」の本に、英語と日本語は根本的に違う
って書いてあったけど、これ強く同感。
TOEFLの点数がアジアの中で低いのも納得いくなー。

 私の友達の、8ヶ国語くらい話すことのできる
イギリス人マークが、唯一流暢に話すことができないのが
日本語。オックスフォード大学の数学科を卒業して、
またリーズ大学に日本語と中国語を勉強をしにきたという
努力家でさえ、日本語というのは難しいみたい。

 その理由の一つとして、単語量の違いがあるらしい。
 英語の「cultivate」の単語に、
「耕す、栽培する、磨く、洗礼する、陶冶する、奨励する、
育成する、啓発する、修める、はぐくむ」
 という意味が含められているというように、分かれているから
使い方が難しいんだって。

それにしても、日本語の無駄のなさにはつくづく関心します。
茶道の所作にも無駄が最大限に省かれているように。

 あとこれは、かなり長い間考えていることなんだけれども、
英語で物事を考えているときと日本語で考えているときと、何か
脳の使われている場所が違う気がするんだよね。英語の脳?

 だれか、そのこと解明してないかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夜を始める日課

 昼夜逆転の日々。
そりゃお肌も荒れますよね。

 でも、昼より夜の方が集中力が続いて
昼間には思いつきもしないことが
水源のようにぶくぶく出てくる。
 なんでこんなに発想豊かになるんだろう? 

 今は夜の10時半。これから活動開始です。
でも、本業に入る前にする日課が1つ。
 鏡の前で太極拳……じゃなくて、
脳科学者の茂木さんとゼミの教授の田村先生
ブログチェック。

 お二人のブログを拝見しながら、いつも自分と
照らし合わせて物事を考えるようにしています。
何が足りないのか?これから求められることは何なのか?
 さまざまな角度から考え、悩み、発見する。

 生涯勉強。私も、もっともっと本読まなきゃな。

 新書がすぐに届かない点では、海外はすごく不便です。
Amazon.co.jpでイギリス発送の値段を確認してみると、
 2000円の本に対して、発送価格が4000円。

 倍じゃん!高いよなぁ。結局は、日本の実家に届くように設定して、
そこから送ってもらっています。
「常に考える」ことを続けるためには、知識を取り入れなきゃ。
 はやく、こいこい!本よこい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ながいながーい試合

 やっと昨日の夜、3つあったエッセイの
峠を越えました。

 山の標高が高いから、これから地上に
降りていくのもきっと大変なんだろうけれども、
「転ばぬ先の杖」を肝に銘じて
目標地点までトコトコ駆け下りて行こうと思います。

 思えば、今やっていることと似たような感覚が前にも
あったような…。
 始まる前は、不安と緊張で落ち着かないけれども
一旦始めてしまうと、めりめり呑み込まれて
終わったときには爽快感が漂う。
 部活の試合みたい。

 今回の試合は長期戦。
どこまで自分に負けないでいられるか、どんな切り返し
ができるかが、勝敗を左右するのかな。

 さて、第1試合目終了まであと1週間。
バナナ食べてスタミナ補給!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

15分が砂漠のように遠い

 そろそろ冷蔵庫の中身も切れ始め、朝食の
シリアルがなくなってしまった。
ずーっと部屋の中でエッセイ書いてたら、外に出るのが面倒。
 出不精の始まりです。

 家から一番近いスーパーまで歩いて15分。そして、たくさん
買い物をしてまた15分歩いて帰宅。
 行きは下りだから楽勝、でも帰りは西日を浴びながら上る。

 リーズは盆地だから、大学は丘の上にあるんです。
そのため、建物の1階がFloor 8から始まることも珍しくありません。

 近くにOne Stopというコンビニがあるけど、品揃え良くないし
定員は超無愛想だし。
 時間をとるか値段をとるか……。行くのやめるかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

医学の発達を美術館に

 イースターの休みが終わり、私は日々エッセイに
追われています。
 5月8日までに、3000字の課題が3つ。はてさて、
ちゃんと終わるのでしょうか?

 学校の授業もあと残すは4週となり、
Museumの授業のVisitは今日が最後です。
 その最後の美術館は、
City Centreから50番のバスで10分ほどのところにある

『Thackery Medical Museum』

 美術館の名前から分かる通り、医学の美術館なのです。
今日実際に美術館に行く前に、ウェブサイトで
どんなものがあるのか調べてみると、
 手術室や医薬品の展示、妊婦が体験できるコーナーや
人間の体の仕組みを知るコーナーなど、
面白そうだけれども少し奇妙な内容。
 人体の不思議展のようなものかな、と最初は思っていました。

 私立美術館なので、入場料を4ポンド払い、
中へ入ると、早速医薬品の匂いが立ち込めてきます。

 最初に、産業革命時代のLeedsの空気の悪さや不潔さ、
医療の未発達などが説明され、
どんどん奥へ進んでいくとさらにその内容が
シュールになってくるのです。

一緒に回ってた友達は、気分が悪くなり途中で退場。

 4つめの部屋からは、1840年の様子が匂いとともに
そのまま描き出され、
病に冒されもがき苦しむろう人形が至る所に
置かれているのです。その匂いといったら、
1分もいられないほどひどいのです。

いくら美術館だからといって、ここまで忠実に再現するとは、
日本ではできませんね。 絶対に苦情がきます。

 手術室の部屋では、
実際に斧を使って手術をしていたときの映像が流されていたり、
病室の様子がまたろう人形で再現されていたり……
 正直、気分が悪かったのであまり見てません(笑)

 この美術館はこれまでに多くの賞が与えられ、
Key Stage(5-16歳まで)の子供の教育の場としても
評価されています。

 さすがに私たちはこの美術館のターゲットでは
なかったので、あまりいい印象は受けてません。
 しかし、これが児童となると印象は異なるようです。

 出口のところにあったコメントでは、
多くの子供が「楽しかった」「体験できるところが多くてよかった」
などプラスの印象を残していました。

 どのように医学の発達を歴史とともに伝えて、
どのように展示品が解釈を伝えるのか?
 美術館の本質を探る、今度のエッセイの課題には骨が折れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|