留学(つぶやき&寮生活)

オープンキャンパスからみる大学

 今日は大学のオープンキャンパス。

 暑い中約1万人近い高校生、保護者の方々が
足を運んでおり、大学受験に対する姿勢に
本当に関心しました!

 そもそも私自身が大学に興味がなく、
やりたいことも特に見つからず…
という、どうしようもない学生だったから(笑)
 そんな無関心の私でも、大学に入ってからは
理想と現実のギャップに悩まされ、自分で行動を
起こし未来を変えるようになったのです。

 晴れて今日のオープンキャンパスでは
イギリスへの交換留学経験者として、留学相談員を
受けることになりました。

 今日の留学窓口のパートナーは、同じ03台で
経済学部のOくん。
 彼は、3年次から台湾(中国語圏)へ交換留学。当初は
全く中国語が話せなかったらしいけれども、持ち前の
行動力を活かしてそれを習得。
 留学で面する困難をも乗り越えてきた部分や
学生生活に対する考え方、留学ということの捉え方など
私もすごく共感する部分が多かったことは、驚きつつ
心底感心しました。

まずは、Oくんが台湾留学を希望した経緯について。
 彼は、「経済学部の授業で勉強していたときに、これから
中国の影響力が強くなってくる。」ということから、中国語に
興味を持ち始め、
 「将来中国で働くときに、経済を勉強した自分ではなくて、
語学だけ勉強した人文学部の学生に負けたくない」という
思いから留学を決心したそう。

 後者の点については私も同感!大学の英語学科だから
その人たちが英語ができるとは思いたくなかった。
それは、英語をただ学ぶだけでなく、それを手段として
どう使っていくかという方が本当は大切だと思っていたから。

 また、共感する点として、留学をするにあたって
その行為だけを目的にする人が多いけれども、本当は
違うということ。
 実は、留学に行く前の行動というのがすごく大切で、
その結果が留学として結びついているからなのです。

 そして、行動する力。
これはいつになっても大切な力だと思っています。
これを持っていさえすれば、どの場所でもネットワークを
自分で築けることができ、人と群れることなく
別の行動を取ることができるのではないでしょうか。

 例えば、Oくんは日本人と絡むことを避けて、一人で
街中へ行き、自分好みの服屋へよく行ってたらしい。
そこで店員と仲良くなり話すうちに、その服が日本から
の輸入品だということが判明したそうです。
 それからは、仕事の手伝いまでするようになり、将来
やりたいことも見えてくるようになったという……
やはり行動力が物を言うみたい。すごい!

 自らチャンスを創り出さなければ、出会いもなくそれから
得られるものもないという訳ですね。
 と言いながら、まだまだ私も未熟なところがあるので
これらのことを教訓として生きています。

 今回のオープンキャンパスで留学相談に来た
人は皆、すごく希望を持って帰って行ったようでした。
 最後に来た親子には、留学の相談だけでなく
TOEFLの勉強方法まで徹底的に伝授(笑)
 英語が全くダメだった私が伸びた方法だから、
きっと大丈夫でしょう!!

 今日、改めてこの4年間(5年?)を振り返ってみて、
未来はいくらでも変えることができるということ、
自分が動けば環境も友人も変わること、
不本意なことがあってもどうにかして自分で切り開く
ことができること、
4年間をいかにデザインするかが将来を大きく変える
ことを学べたのではないかと思っています。

 最後に、私の先生の言葉を受け売りすると、
「今を生きる」ことが本当に大切だ!と実感したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひとまず、ブログで

パソコンも私と同じで時差ボケのよう。

 というのはもちろん冗談で、
家のネットワークゲートが見つからないため、
メールサイトが開けません。

 帰国の返事をしようと思ってもサイトが開かない
ことには太刀打ちできないので、報告はもう少し
お待ちくださいませ。
今晩で何とか修復させる予定です。

 ひとまず、ブログで帰国の報告まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

宝石箱のお出迎え

 小雨の降る夜、100万ドルの夜景が私を
迎えてくれた。

 飛行機がランディングにさしかかり機内灯が消えると、
「福岡って宝石箱みたい!」
という子供の声が聞こえてきた。

 その声につられて、皆一斉に窓のほうに
目をやる。そして、感嘆の声が聞こえた。
 読書灯をつけて本を読んでいた私も、
あわてて明かりを消し、窓から外を覗いてみた。

 今までこんなに綺麗な夜景は見たことのない
くらい、今夜の福岡のそれは透き通っていて、
時間の流れが一瞬止まったようだった。

 赤、青、オレンジなどの多彩な色の光が街全体を
覆っている。
 今では数が少なくなった、国内線前の電気広告も
宝石箱の中に輝きを灯していた。

 香港の夜景も綺麗だけれども、この宝石の絨毯は
それ以上に素敵な雰囲気をかもしだしていた。

 早送りされた時間の波にのって、
羅針盤を持たずにこれから大海原へと繰り出していく。
 その出発点として、今夜は
最高の贈り物を与えてもらった気がした。

 帆を張り舵をとり、さあ出航だ!

でも、ひどい時差ボケ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

6月12日(火)キャセイのチェックイン@ヒースロー空港

日記を転記してみました。
長文ですので、あしからず。 

 機内泊。帰国日です。

 朝は10時チェックアウト。
今日は、大英博物館へと向かう。
最初はバスで行こうと思ったけれども、
Oxford Circusまで歩いてみると、Holborn(博物館近くの駅)には
Tube(地下鉄)で行けないことに気づいた。
 仕方なく、近くのバス停を探してみたが…ない!
 重さ25キロのスーツケースをひきながら、
結局Picadillyまで歩いて来てしまった。

 ここからTube(地下鉄)に乗ってHolborn駅まで。
駅から博物館がこれまた遠いのだ!
汗がダラダラ出て、少し歩いただけでもスーツケースを
持つ手が痛くて止まってしまった。
あーこれは重すぎる~。
もう限界なので、進路を変えることにした。
 時間は早いけどヒースローへ。

と思ったが、なかなかタクシーが通らない!

 20分待ってやっと捕まえ、「Victoria Stationまで」と告げると、
運転手がスーツケースを見て察したらしい。
 「どこのターミナル?空港?」と聞いてきたのだ。
私が「ヒースローだよ」と私が答えると、
それなら「Paddington駅がいい!」とおじさんが教えてくれた。
 なぜか詳しく聞いてみると、
Paddington駅から“Heathrow Express”というのが出ていて、
たったの15分で着くらしい。すばらしい、おじさん!

 というわけで、Paddington駅へ。
空港行きのチケットを自動発券機で
『Young Persons Rail Card割引』にして買ったのはいいものの、
肝心のカードをどこにしまったのか忘れてしまった
(それを車内で見せないと罰金になるのだ)!
あわててトイレへ行き、スーツケースを空けて探しまくった…
あれやこれや…あるやなしや…
おっ、見つけた!!

あぁ、良かったー…が、疲れたー…。

 私が乗るのは午後7時発の飛行機だった。
4時半には、ヒースローへつき、TAX Free(免税)の申請をした。
戻ってくるのは、£7.50と少ないけれども、
もらえるものはもらわないと勿体ない。

最後の関門のチェックインカウンターへと行き、
荷物を預けた。

 ヒースローでは何かと問題が起こる。そんな不安は的中した!
重量オーバーのため、荷物を預かれないと
アラビア系のグランドスタッフ(男)が言う。
私のスーツケースは29キロ、リュックは7キロ、
計36キロだった。
キャセイの規定では32キロまでだから、
「4キロ減らすか、超過金£164払え」という。
 
横暴な態度に腹がたった!

 アシアナで一度ヒースローを出たときは、
45キロの15キロオーバーで超過金が£100だった。
この差は何たることか!
 私は、スーツケースの中身を2キロ分リュックの方に移した。
ところが、リュックの機内持ち込みの荷物まで測るように、
と男が催促する。
「リュックが9キロだから、ダメだ。
機内持ち込みは7キロまで。上のセキュリティチェックでも
ちゃんと測るからウソはつけない。減らせ。」
とまた言ってきた。
そんなことあるもんか!

 このアラブ人のグランドスタッフと激論をした。
どこにそんなことが書いてあったのか、
他の航空会社は機内持ち込みの制限などないのに、
なぜそこまでするのか……。
 途中、「こいつは話が分からない」と言われ、
日本人のグランドスタッフまで連れてこられた。
けど、彼女もやはり固持していた。
 あーむっちゃ悔しかった。

 気がつけば、搭乗まであと50分。
もう減らすしか方法はなかった。
フランスで買ったワイン2本。
うち、1本はシリアルナンバー入り。
それに、ずっと使っていた鞄。
 怒りと悔いが交錯する中、
目に涙を浮かべてカウンターを後にした。

 そしてセキュリティチェックのところへ行った、
が…すんなり通過。
荷物の重量チェックなどなく、あっけなかった。
ここでもまたやりきれなさが残り、
二度とキャセイは使うものかと決めた。
そして、靴を脱いで赤外線チェック。
 走って搭乗口へと行き、何とか間に合った。

 ほっとしたのも束の間。
アラブ人のグランドスタッフの仕掛けは
最後まで残っていた。
Aisle side(通路側)と何度も言っていたのに、
機内へ乗り込むとそのシートはWindow side(窓側)だった。
ここまでやってくれるとは…
ふぅー…あきれ果てた。

 14時間後、香港で乗り換え。
なんとまたセキュリティチェックがあった。
もし、ヒースローの免税店でお酒でも買っていたとしよう。
香港の乗り換えでも、
100ml以上の液体、化粧品は持ち込めないようになって
いるから、そのお酒は破棄となっていただろう。
これから気をつけなければね。

 香港から台湾へ、また乗り換えて福岡へ。
8.45pmに到着。
税関申告書という紙が2007年6月10日から
義務づけられたらしく、さくさくと書いてきた。
ヤマト運輸の荷物受け取りの際に必要だから
そのままキープ。

 それにしても、帰りの機内からみた
Fukuokaの夜景はすごくきれいだった。
機内にいた子供が、「福岡って宝石箱みたい」という声を聞き、
私もあわてて読書灯を消して見た。
後ろにいた人も、「100万㌦の夜景やね」と言っていた。
本当にそうだなーと思いながら、
自分の街に帰って来たことに感動した。

 長いフライト、私の留学も着陸と同時に
ピリオドを打った。
Byebyelondon_1 Byebyelondon_2

Byebyelondon_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

FAREWELL!

 ついにあと1時間でリーズともおさらば。
最初は大嫌いだったけど、住めば都。次第に
愛着が湧いてくるのは不思議なものだ。

そして、今日から一人で長旅に出かける。

 カーディフ、バース、ソールスべリ、ロンドン、
パリ、モンサンミシェル、ロンドンという経路で、
12日間放浪してくる予定。

 この旅は終わりではなく、新しい人生への
始まり。

 これから自分が跡を残していく道へ向けて、
FAREWELL!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

待ちくたびれた

 帰国間近になると、イベントや外食が多くなる。
なかなかsocializationというものも、体力と気力の
勝負となってきた。
3日続けて、睡眠時間3、4時間。

 昨晩は、リーズ大学のEast Asian Departmentの
学生のSummer Ballに参加した。
みんな少しフォーマルな格好をして、最後の集いを
楽しんでいるのはいいけれども、酔っ払い続出。
 私も、洋服にウォッカをこぼされ、ベタベタになる
という災難もあったけれども楽しかった。
日本語学科の日本人の先生もいたのには、少し
驚いたけどね。

 そして2時半ごろ帰宅し、シャワーを浴びた。
ここ2日間、お湯がでないので水シャワー。
ビバ!ブリティッシュクオリティ!
おかげで、風邪引きそうだ。

 シャワー後は、今日のヤマトの集荷のために
パッキングをしなければならなかったのだけれども、
酔っ払っていたので、イギリスの携帯電話までダンボールに
入れようとしていた。あな恐ろし。
 航空券まで入れてしまったらとんでもないので、
一旦睡眠。

 7時起床。
「8時から17時までの間に、集荷に伺います」と
ヤマトから連絡をもらっていたので、
大急ぎで荷物を詰めた。
何とか8時には終わらせることができ、それから
ひたすら待機。

 ずーっと1日中部屋で待ってた結果、集荷は
18時。待ちくたびれた。

 1人のイギリス人のお兄さんが、重い荷物を
ひょひょいと持ち上げて5分で終わった。
嵐のようにやってきて嵐のように去っていく。
すごく良い人だったけれども、
あの兄さんは将来、腰悪くするだろうなぁ(笑)

 集荷のお陰で、今は部屋の中は何も無い。

 リーズも残りあと1日となってしまった。
既に帰国した友達や明日帰国する友達がいて、
少し寂しい感じがする。
 また会えるとは分かっているのだけれども、
イギリスという冷たい国では、友人にすごく支えられていた。
みんな無事に帰国できることを祈る。
Have a sweet journey!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

英語でさえ分からない

「PIRATES OF THE CARIBBEAN 3」
封切りと土曜ということもあって、久しぶりに映画館が大入り。

 パイレーツ3作目は、3時間という長編に加え、
イギリスの映画館は上映前のCMが30分もあった。
 計3時間半、長すぎる。
でも、思っていたよりもテンポが良かったので早く
終わった感じがした。

 エンターテインメントとしては面白かったけれども、
それよりも何も、
英語が帰国前にしてあまり聞き取れなかったことに
少しショックを受けていた…。

 まだまだ勉強足りないな~と思いながらトイレに
行くと、前に並んでいたおばちゃんが何か話している。

「海賊は誰でも殺しちゃうねえ。それに、映画は
英語なのに分からなかったよー。ははー」

なんて言いながら、私のほうをちらちら見ていた。
 あ、なーんだ。イギリス人でさえ分からなかったなら
問題ないやと、少し安心してしまった(笑)

 仮装が好きなこの国は、映画にもパイレーツの
格好をしてくる人がいる。かなり目立ってたけれど、
当人はどうもおかまいなしのよう。あっぱれ。

260507_005 映画館下のスタバに入ってきた仮装している2人

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

携帯不備の問題じゃなくて

最近は携帯電話を持って歩かない。

 いつも目覚ましとしてベッドの隣において、
アラームを消し、そのまま忘れていくことが多い。
でも、持っていなくても特に問題はない。

 今日は、リーズ市民も待望のVictorian Archを
観にLeeds City Art Galleryへと出向いた。
友達4人との待ち合わせは午後1時。

 5分遅れで行ったけど誰もいな~い。
携帯をまた忘れたので、うろうろ探し回った。
すると、Art Galleryのリオープンは6月22日だと
書いてある。
5月だったはずなのに、イギリス人は平気で期間を
伸ばされている。結局入れず終いだ。ちきしょう!

260507_001_1
























隣の図書館のライトが写った
Victoria Arch(ヴィクトリア時代に使われたタイルを使用)

 そして一人手持ち無沙汰で、友達を待っている間に
ギャラリー横のHenry Moore現代アート展にも足を運んだ。
 ギリシャ神話におけるトロイのアポロ神殿の神官、
ラオコーンを基にデザインされている。

Room_1a_1














Towards a New Laocoon

 こういう現代アートを見た後は、必ず心にざらつきが残る。
意図や真意が気になってしまって、闇の中でひたすら
出口を探すようにずーっと1日引きずってしまう。

 ここで既に待ってから30分経過。
どこかに置いていかれたかなーと思い、
途中、スーパーとGREGGS(安くておいしいパンが買える店)
に寄り道しつつ、携帯を取りに帰宅することにした。

 帰宅後に電話を見ると、6回のmissing callが
あった。1時45分にみんなGalleryについたとのこと。
私はえっさこいさと再度Galleryへ折り返し。

 着いてみたのはいいものの、またみんながいない。
一人残ってくれていた友達に聞くと、もう帰ったらしい。

みんなー…個性的でいいんじゃない?笑

 さすが多国籍になるとまとまりがなくなる。
携帯不備の問題じゃなくて、
文化の違いというか時間感覚の違いというか、
不意を突かれた感じがまた何とも言えず
おもしろかった。
時間があるときのこんな自由奔放主義、好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カウントダウンを始めます

 いよいよラスト2weekに入ってきました。
そろそろ荷物の片付けを始める時期なんだろう
けれども、
まだまだ私の部屋は拡散しています。

 イギリスはゴミの分別は、ほとんどない(ある
みたいだけれども、全然厳しくない)ので、
帰るときはすごく楽。
ひょひょいとでっかいゴミ箱の中に入れてしまえば
いい。

環境のことを考えたら、分別したほうが絶対に
いいとは思うんだけどね…。

さあ、気を入れなおして残り頑張るゾ!
Mi_habitasion_001_2机で勉強していないので、ベッドにプリントとノートが散らばっている私の部屋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そのうち冷めて風邪引くよ

日が暮れて3時間、夜明けまであと5時間。

 夜の短いイギリスのサマータイムの季節は、
夜行性動物も活動が大変だろうなぁ~、
と少しいらぬ心配をしてみた。

 ところで、最近私はSNSにはまっている。
はまると言っても、
それ夢中になっているのではなく、泥のようなところに
落ち込んで足が抜けなくなっているのである。

 私は、SNS(日本はmixi、海外はfacebook)の輪は
閉鎖的だなあと常々思う。

 特に、日本は世界から見ると単一民族という
輪の中に既にいる。
それがさらに、SNSというベールで覆われ、またさらに
(mixiの)コミュニティでくくられている。

 みんなと一緒に居られる場所に安堵感を覚えて
いるのだろうか、
見えるものが見えなくなってきていることが気付けなく
なっているのだろうか。

まだまだ日本は鎖国が続いている気がする。

 宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」に、
湯婆婆に仕えるハクという男の子が出てくる。

魔法使いになりたくて、湯婆婆の弟子を申し出る。しかし、実際に入ってみるとその恐ろしさに気付き抜けようとするが、自分の名前を湯婆婆に取られ思い出せないため、元の自分に戻れなくなってしまっている。

 これは2001年(6年前)の作品だけれども、
今の時代の刺をうまく突いていると思う。

 私も最初、興味本位でSNSに入ってみたのは
いいものの、時が経つにつれて、
自分というものを失っていくような気がした。
ハクと同じように、大切なものを取られてしまい、
元に戻るべき場所を見つけられないでいるようにも
思えてきた。

 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」
という集団の考えも、もうそろそろ時効。

 個性個性と時代を謳うのならば、
孤独に生きてみるのがよし。
いつまでもぬるま湯に浸かっていたら、
そのうち冷めて風邪ひいちゃうよ。

 今日はえらくシュールになりすぎたので、
ワインを飲んで解毒とする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧