« 2007年7月 | トップページ

2007年8月

おかえり、寮費のデポジット

 やっと返ってきたー!
リーズ大学の寮費のデポジット。

 9月から入寮するときに、敷金のような感じで
200ポンドを支払っておいたのがやーっと小切手で
戻ってきたのである。

 でも、なんだか少ない気がする……。
よくよく見てみるとデポジットは£200だったのに、
日本円だと45200円。
 為替レート£1=226円という計算。
ちょっと安く見積もられている…。

 しかも、振り出し先はBank of NewYorkだから
福岡銀行で口座振込みをお願いすると4000円以上も
手数料を払わなければならない次第。

 まあ、謎の多いイギリスに加え、とことん費用が
かさんだ留学だったけれども、最後に少しでも
還元されたので良かったとしておきましょう!
Deposit_refund_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大きな虹のトンネル

 暑い日が続いて汗が滴り落ち、日陰で佇んでいても
熱が伝わる。

 今日は天然のシャワーが降った。
ほてった地球の体温を下げるかのように……
うーん、気持ちが良い!!

 今ではクーラーのない生活に慣れ、私は自然をよく感じる
ようになった。
日々の匂いの変化、音の変化、木々の変化。
 今日の雨上がりには、草木花が小躍りするように、すごく
元気で明るく見えた。

 それは、ちょうど空港通りを運転していたときのこと。
小雨の降る中、空港通りの広い道へさしかかったとき、
私の行く方へ大きな虹のトンネルがお出ましした。
 その虹はきれいなアーチを描き、人の忙しい時間を一瞬
止め、美しさに釘付けにさせた。

 私は虹に魅了され、そのトンネルの下をくぐってやろうと、
虹の方へ車を走らせるけれども、それはどんどん遠ざかって
いってしまった。
 むぅ~いじわるだなぁ、なんて思いながらもっと追いかけて
いったが、ずっーと遠くへいってしまったので、結局あきらめて
私は帰路へついてしまった。

 これはほんの数分の追いかけっこだったけれども、家に
着いたときにはお腹いっぱいで幸せな気分だった。

 あーまた空からの贈り物に出会えますように!
210807_rainbow_001
  空港横の通り
210807_rainbow_004   県立プールを抜けて我が家へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オープンキャンパスからみる大学

 今日は大学のオープンキャンパス。

 暑い中約1万人近い高校生、保護者の方々が
足を運んでおり、大学受験に対する姿勢に
本当に関心しました!

 そもそも私自身が大学に興味がなく、
やりたいことも特に見つからず…
という、どうしようもない学生だったから(笑)
 そんな無関心の私でも、大学に入ってからは
理想と現実のギャップに悩まされ、自分で行動を
起こし未来を変えるようになったのです。

 晴れて今日のオープンキャンパスでは
イギリスへの交換留学経験者として、留学相談員を
受けることになりました。

 今日の留学窓口のパートナーは、同じ03台で
経済学部のOくん。
 彼は、3年次から台湾(中国語圏)へ交換留学。当初は
全く中国語が話せなかったらしいけれども、持ち前の
行動力を活かしてそれを習得。
 留学で面する困難をも乗り越えてきた部分や
学生生活に対する考え方、留学ということの捉え方など
私もすごく共感する部分が多かったことは、驚きつつ
心底感心しました。

まずは、Oくんが台湾留学を希望した経緯について。
 彼は、「経済学部の授業で勉強していたときに、これから
中国の影響力が強くなってくる。」ということから、中国語に
興味を持ち始め、
 「将来中国で働くときに、経済を勉強した自分ではなくて、
語学だけ勉強した人文学部の学生に負けたくない」という
思いから留学を決心したそう。

 後者の点については私も同感!大学の英語学科だから
その人たちが英語ができるとは思いたくなかった。
それは、英語をただ学ぶだけでなく、それを手段として
どう使っていくかという方が本当は大切だと思っていたから。

 また、共感する点として、留学をするにあたって
その行為だけを目的にする人が多いけれども、本当は
違うということ。
 実は、留学に行く前の行動というのがすごく大切で、
その結果が留学として結びついているからなのです。

 そして、行動する力。
これはいつになっても大切な力だと思っています。
これを持っていさえすれば、どの場所でもネットワークを
自分で築けることができ、人と群れることなく
別の行動を取ることができるのではないでしょうか。

 例えば、Oくんは日本人と絡むことを避けて、一人で
街中へ行き、自分好みの服屋へよく行ってたらしい。
そこで店員と仲良くなり話すうちに、その服が日本から
の輸入品だということが判明したそうです。
 それからは、仕事の手伝いまでするようになり、将来
やりたいことも見えてくるようになったという……
やはり行動力が物を言うみたい。すごい!

 自らチャンスを創り出さなければ、出会いもなくそれから
得られるものもないという訳ですね。
 と言いながら、まだまだ私も未熟なところがあるので
これらのことを教訓として生きています。

 今回のオープンキャンパスで留学相談に来た
人は皆、すごく希望を持って帰って行ったようでした。
 最後に来た親子には、留学の相談だけでなく
TOEFLの勉強方法まで徹底的に伝授(笑)
 英語が全くダメだった私が伸びた方法だから、
きっと大丈夫でしょう!!

 今日、改めてこの4年間(5年?)を振り返ってみて、
未来はいくらでも変えることができるということ、
自分が動けば環境も友人も変わること、
不本意なことがあってもどうにかして自分で切り開く
ことができること、
4年間をいかにデザインするかが将来を大きく変える
ことを学べたのではないかと思っています。

 最後に、私の先生の言葉を受け売りすると、
「今を生きる」ことが本当に大切だ!と実感したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年7月 | トップページ