« 今学期(留学)終了 | トップページ | 携帯不備の問題じゃなくて »

ヤマト運輸とキャセイ航空

やっとこさ、帰国準備完了。

 昨日のことになるけれども、
ヤマト運輸とキャセイ航空に電話を入れた。

 Piccadilly Circusのロンドン三越内にある
ヤマト運輸。イギリス国内から日本まで、Door-To-Doorで
配達してくれる。
日本通運もあるけど、ヤマトのほうがちょいと安い。

航空便は£80/25kgで、帰国後7~10日以内にお届け。
船便だと£50/25kgで、預かり日から60日後にお届け。

 さすがに船便は到着まで時間が長すぎるので、少々
値段がかかっても航空便で届けてもらうことにした。
30日集荷で、日本人が来るらしい(→実際はイギリス人でした)。
ついでに、着払い。

 最近は、ポンド高のせいで、引越しに一苦労かっている。
 わざわざ寮まで来てくれるのはありがたいけれども、
さらに1箱ずつに集荷代金が5~10ポンドかかる
というのが痛い。
ロンドンから遠いスコットランドじゃなくて良かったー
と少し安心した。

さっそく予約の電話。
かけるのはロンドンなのに日本語で話していると
違和感あったなぁ。。

 次に電話するのが、帰国に利用するキャセイ・パシフィック航空。
一年間のオープンチケットを買ったので、帰国日の再設定のために
ロンドン支店に電話。意外にも、ささっと終了。

 去年の冬に一旦日本に帰ったときは、
アシアナ航空を使い、日本の福岡支店へ帰国日変更の
電話をかけた。
 そのときの日本人の対応といったら悪い、ひどい。

 ロンドン→韓国間は、週に2便+夕方運行しか
していないことを私が知らずに、希望の帰国日を伝えると
相手はバカにしたように「はあ?」と言い、
「火曜と木曜以外は運行していません」と言い放つ。
 そして、運行時間について変更できるか聞くと、
また「はあ?夕方しかありません」と言う。

 航空会社にとっては当たり前のことでも、
利用客はそれをすべて網羅してるわけではない。
こんなサービスあるものか、と二度と使わないようにした。

 きっと同じ対応を外国人が受けると、
すごく不快で、日本という国のイメージも下がる
だろうなぁと思う。
外資系会社日本支店だからの対応かもしれないが、
これでは利用客は別のところへ移るだろう。

 まあ、その一人が私なわけで、
アジア・パシフィック・アビエーション・センターが
選ぶエアライン・オブ・ザ・イヤーを昨年受賞した
キャセイ航空を選ぶことにした。

 以前、空港でバイトをしてたときにも、
機内の様子は知ってたので大丈夫だろうという
判断からでもある。
結果、期待は裏切られずにクリア。
リピーターはひょんなことで失われていく。

|
|

« 今学期(留学)終了 | トップページ | 携帯不備の問題じゃなくて »

留学(手続きあれこれ)」カテゴリの記事

コメント

ご来店どうもありがとう。内輪だとどんなに些細なことでも、当たり前のように思えて見えなくなってしまうよね。「人の振りみて我が振り直せ」ではないけど、ブログを通じてこうやって日本にいる人たちにも、もっと客観的に物事をみて考えて欲しいなぁと思っています。

投稿: こうこ | 2007年5月27日 (日) 10時15分

日本人のサービス精神は誇れるものだと思ってたのに、そんなんだったらげんなりやな。日本人もいろいろやねぇ。
公ちゃんのブログは毎度毎度いろいろ考えさせられます(前の日記も同様に)。正直な気持ちが現れてるね。おもろいわ~ありがとう。

投稿: 白 | 2007年5月27日 (日) 02時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103578/6555313

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト運輸とキャセイ航空:

» 引越し センター [引越しするならアート引越しセンター!]
「引越しするならアート引越しセンター!」へようこそ☆誰でも一度は耳にしたことがあ…[引越し センター] [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 17時10分

« 今学期(留学)終了 | トップページ | 携帯不備の問題じゃなくて »