« 英語でさえ分からない | トップページ | 待ちくたびれた »

融通が利かない人

 今年4月から、留学の管理を取り扱う国際センターの
事務員が変わった。
事務的な処理をし、融通が利かない人である。

 その事務員Nさんは、交換留学生全員に
試験終了日と帰国予定日を聞き、帰国の遅い学生に
対して、即座に帰国するように勧告してきた。
正直、これには腹が立った。

 イギリスの大学は、実際半年で授業を詰め込んで
修了させる。
夏休みが6月から9月まで約4ヶ月、クリスマスホリディが1ヶ月、
イースターホリディが1ヶ月あるからである。
だからSemester期間は、全く旅行に行く時間もないし
エッセイや課題が山のように出される。
そのため、休むときは休み、勉強するときは勉強するという様に
オンとオフの切り替えがはっきりしている。

 そして学期が修了した今、やっと旅行や自由な時間が
とれるようになったというのに、
事務員Nさんは、「留学生は勉強が義務なので
すぐに準備をして帰国するように」と催促してきた。

さらに、試験が終わった時点で、留学は終了なので
6月分の奨学金は支給しないと言う。
正式な留学期間終了は6月15日であるにもかかわらず、だ。

全く融通の利かない事務的な人である。

 Nさんに変わる前の事務員Hさんは、
中国に留学経験があるため、留学生の気持ちを考慮し、
留学期間終了後いつでも帰国可能だと話してきた。
実際に、7月に帰国した学生もいる。

 こういう頭の固い人間には何を言っても変わらない。
あまり関わらないようにし、何を頼まれてもスルーに尽きる(笑)

 結局は、まだエッセイがあると言い訳をして帰国日を
変更しなかった。
旅行の計画も準備しホテルや航空券も取ってあるので
時間とお金をムダにしたくない。
いくら人当たりの良い私でも、こういう理不尽なことを
言うのは勘弁!

|
|

« 英語でさえ分からない | トップページ | 待ちくたびれた »

留学(手続きあれこれ)」カテゴリの記事

コメント

どうもひどく酔っていたときにこの投稿をしたせいで、毒を吐いてしまいました。
こういう人は、先生の仰るとおり、無視するなり知らんふりするなりして、勝手にするのが賢明ですね。手玉にとってうまく転がしておきます。ただ恋心やいとおしさというのは今までの先生の経験からでしょうか(笑)?「Pride and Prejudice」ではありませんが、似たような感覚になるのでしょうね。

投稿: こうこ | 2007年5月31日 (木) 00時46分

まあ、こういう輩が日本の社会には多いから、ストレスをためこまないように。

私がいつもやっている方法ですが、知らんふりして、勝手にやればいいのです。罰則規定?そんなのなんいのだから。あるとしても、始末書でも何でも書けばいいのです。あるいは、ごめんなさいといって舌をだしていればいいのです。

基本は知らんふり戦略。こういう輩は、相手がびくびくしたり、質問をよこしたりするとズにのるので。

とにかく、こういう輩と同じ土俵にのぼらないこと。こういうバカを相手に怒っても何も得るものはない。無視する。ひたすら無視する。あるいは、なぜ、そうなるのかを徹底的に分析する。そうすると、憎かった相手がいとおしくなるから、あら不思議。もしかすると、恋心まで生まれるかもしれない(笑)。

投稿: tamtam | 2007年5月29日 (火) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語でさえ分からない | トップページ | 待ちくたびれた »